Ansibleを使ってPersoniumを始めよう。

概要

本書ではansibleを使用してPersoniumの環境を構築する方法について説明します。
ansibleに興味のあるかたは以下のページもあわせてご参照ください。
HOW ANSIBLE WORKS

Personiumのユニット構成

Personiumのユニットは評価、開発、確認、運用等々の様々な異なる目的に応じて構成することが可能です。Personiumは必要に応じて簡単に、自動的に環境を構築できるセットアップツールを提供しています。
Personiumのユニットはセットアップツールを使用せずに構築することも可能ですが、Personiumのユニットを簡単に構築するためにセットアップツールの使用をお勧めいたします。

Personiumにおける各サーバーの役割

Personiumのユニットは以下の役割を持ったサーバーから構成されます。これらの役割は相互に接続された単独または複数のサーバーに割り当てることが可能です。

役割 必須 詳細
Web 必須 リバースプロキシーサーバー。インターネットからのアクセスが可能なグローバルなIPアドレスを保有する必要があります。
AP 必須 Personiumが動作するアプリケーションサーバーです。
ES 必須 ElasticSearchが動作するサーバーです。
MQ 必須 ActiveMQが動作するサーバーです。
NFS 必須
ネットワークファイルシステム(NFS)が動作するサーバーです。
Bastion オプション 踏み台サーバ。各サーバへのsshでのアクセスを中継させるためにのサーバです。

Personiumセットアップツール

本セットアップツールはPersoniumをインストールする前に、あなたのサーバー(linuxのサーバーまたはWindowsやMac上の仮想マシン)へのミドルウェアの導入やOSやネットワークの設定を行います。
セットアップツールにはPersoniumとのユニットの構成に応じて複数の形式がありますので、あなたの目的に応じたセットアップツールをご使用ください。

パターン1 : 1 Server

* Vagrant を利用して簡単にローカルマシン環境に仮想マシンを構築し、Personium の動作を確認することが可能です。設定方法についてはsetup-vagrantを参照してください。

パターン2 : 3 Servers

本ドキュメントでは、Personiumを構成する基本的なパターンをご紹介しています。
目的に応じて最適なパターンをご選択ください。